食べる

元巨人「げんちゃん」跡に和定食「shion」 元げんちゃん店長が店長

「オムカレー」(850円)

「オムカレー」(850円)

  •  

 5月に閉店した「居酒屋 大喜屋げんちゃん」の跡に「和・ダイニング Shion」(高崎市筑縄町、TEL 027-386-6958)がオープンした。

【写真】倉渕町産の豚肉を使った「上州もち豚生姜焼き定食」

 「Shion」は和洋食店を展開する「シオン」(本社=高崎市)の新店。「田舎料理しおん」(高崎市八島町「高崎モントレー」内)の運営から得たノウハウを生かし、女性をターゲットにした和定食店を企画したという。店長は「げんちゃん」の店長を務めていた須永紀之さん。

[広告]

 須永さんは群馬を離れられない状況にあったため、河野博文さんと一緒に東京へ移ることができなかった。新店は「げんちゃん」時代からの利用者を中心に女性客を増やしている。

 「お客さまの要望を積極的に取り入れていきたい」と話す須永さん。「閉店時間を遅らせて」という要望に通常21時30分の閉店時間を金・土曜は23時に変更した。

 メニューは「ワンプレートランチ」(1,200円、1日10食)、「オムカレー」(850円)、「上州もち豚生姜焼き定食」(950円)、アルコールは400円から。女性を意識したというワンプレートランチは連日売り切れで、取材日も写真を撮ることができなかった。

 営業時間は11時30分~14時30分、17時30分~21時30分(金・土曜は23時)。月曜定休。

ピックアップ