食べる 見る・遊ぶ

「すし」で社会貢献 「美喜仁」出張振る舞い先募集始まる

美喜仁は1954(昭和29)年創業。カウンター、個室、広間とランチから宴会まで幅広く対応

美喜仁は1954(昭和29)年創業。カウンター、個室、広間とランチから宴会まで幅広く対応

  •  

 高崎など群馬県内に4店舗を展開する「美喜仁(びきに)」(本社=桐生市)が職人を出張させて握りすしを振る舞う「すし振る舞いボランティア」の出張先を募集している。

【写真】すし振る舞いボランティアの様子

 美喜仁は気軽に職人が握るすしを楽しめる店として人気がある。振る舞いボランティアは2016年からで、これまでに10施設約400人が舌鼓を打った。

[広告]

 きっかけは老人施設からの「施設に来てすしを握ってもらうことはできないか」という注文だった。出張してみると大好評で「こんなに喜んでもらえるのなら」と社会貢献事業のひとつとして「すし振る舞いボランティア」を企画。状況によりきざみやアレルギーなどにも対応する。

 振る舞いは3施設を予定しており、8月~9月の実施を予定する。応募は電話(美喜仁本店、TEL 0277-44-5921)で受け付ける。7月1日に募集を始め、5日現在で7施設の応募があった。受け付けは7月末日まで。

ピックアップ