買う

高崎で「鉄道忘れ物」市 「えっ、こんなものまで」忘れるの

3,000点~4,000点の商品が並ぶ

3,000点~4,000点の商品が並ぶ

  •  

 競売により処分された傘などを販売する「鉄道忘れ物掘り出し市」が1月18日から、「イオンモール高崎」(高崎市棟高町、TEL 027-310-9000)で始まる。

【写真】「えっ、こんなものまで」

 電車や駅の忘れ物は鉄道会社や駅で約1週間、警察や警視庁で3カ月保管された後、競売にかけられる。「掘り出し物市」を展開するのは卸・リサイクルを手掛ける「ラ・ボーテ」(神奈川県座間市)。同社は全国200カ所で掘り出し物市を開いている。イオンモール高崎は2014年からで、今回で4回目。

[広告]

 商品は3千~4千点で、価格は傘50円~、時計1,000円~、めがね300円~、財布・ハンカチ・かばん・キーホルダーなど50円~。「えっ、こんなものまで」という驚くような忘れ物もあるという。

 会場では「わけあり」の時計、アクセサリー、雑貨など新品も販売する。

 開催時間は10時~20時(最終日は17時)。1月24日まで。

ピックアップ