天気予報

17

10

みん経トピックス

地域限定「ラスク」新商品高崎に北関東初のリンツ

「ゴム動力自動車」公道でコンテスト 学生チーム、リベンジなるか

「ゴム動力自動車」公道でコンテスト 学生チーム、リベンジなるか

昨年の大会記録を作った車両を改良した「TAKATECH MKⅣ」

写真を拡大 地図を拡大

 高崎市街地の公道コースでタイムを競う「ゴム動力自動車コンテスト2017」が10月8日、開催される。「キッズ広場2017」の一環。

【写真】4連覇を狙うための新車両

 ゴム動力自動車コンテストは2002年に初開催し、今回で16回目。70メートルのコースを走り、ゴール後10メートル以内でマシンを止める。10メートルを超えると1メートルにつき1秒加算のベナルティが。2本走って良い方のタイムが記録となる。

 大会記録は昨年、群馬県立高崎産業専門校機械技術科チームがたたき出した7.45秒。しかし、同チームのマシンは1走目でレベルギアーが壊れ、2走目にチャレンジできなかった。

 そのため、今年は昨年のマシンを補強した「TAKATECH MKⅣ」と、ニューマシン「TAKATECH MKV」の2台で大会記録更新と2本完走を目指す。

 参加チームは13チーム。昨年は18チームが参戦していた。コンテスト関係者は「スローガンは『笑顔の耐えない楽しいイベント』、記録だけでなくユニークな車体、走りが面白いなども大歓迎。ぜひ参加して」と呼び掛ける。

 会場は「もてなし広場」および「群馬音楽センター」北側の道路。スタートは11時~、13時30分~。「キッズ広場2017」は11時~16時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

左からバカボンのパパ、ぐんまちゃん、荻澤滋群馬県副知事、群馬県保育協議会会長の佐藤憲秀さん  イクメン2017、「群馬県」が受賞 イクボス支援に評価 <記事に戻る>
[拡大写真]

アクセスランキング