天気予報

17

10

みん経トピックス

群馬県産小麦の生パスタ提供地域限定「ラスク」新商品

実は恒例「豚の丸焼きパーティー」参加募集 高崎の牧場、キャンプ可

実は恒例「豚の丸焼きパーティー」参加募集 高崎の牧場、キャンプ可

豚の丸焼きは専用の設備で。1頭で100人程度を満腹にするポテンシャルがあるという

写真を拡大 地図を拡大

 牧場内のイベントスペース「オレンチェクラブ」(高崎市上室田町)で10月28日に開催される「豚の丸焼きパーティー」の参加者募集が始まった。

【写真】実はシェフ=清水雅祥さんとさすがの窯焼きピザ

 牧場主の清水雅祥さんは30年程前から毎秋、「豚の丸焼きパーティー」を開催してきた。現在は馬、羊、山羊だが当時は豚の放牧も行っており、通販会社に豚肉を卸していた関係で、通販会員向けの感謝祭として開催していた。会員は都内在住者が多かったため、フリー開催となってからも東京方面からの参加者が多いという。

 そのため牧場には風呂、シャワー、シャワートイレ、駐車場を完備したキャンプ場を作り、パーティー前・後泊を受け入れている。

 参加者はみな、豚の丸焼きの迫力に「すご~い」、その味に「おいしい」と歓喜する。清水さんは「パックに入ってスーパーに並んでいる肉を食べても、なかなか命をいただくという実感は得られない。豚の丸焼きはおいしいのはもちろんだが、命をいただく感覚は食育そのもの。子どもだけでなく大人も改めて感じてもらえるはず」と話す。

 メニューは豚の丸焼きのほか、「窯焼きピザ」「手打ちうどん」「天ぷら」「野菜料理」など。酒類の持ち込みは自由。会場で販売する生ビールは400円。

 参加費は中学生以上3,000円、小学生2,000円、幼児1,000円、3歳以下無料。

 定員は150人(先着順)。予約は電話(090-3246-3115)で受け付ける。清水さんは「群馬の人にもせひ参加してもらえたら」と呼び掛ける。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

左からバカボンのパパ、ぐんまちゃん、荻澤滋群馬県副知事、群馬県保育協議会会長の佐藤憲秀さん  イクメン2017、「群馬県」が受賞 イクボス支援に評価 <記事に戻る>
[拡大写真]

アクセスランキング