暮らす・働く

高崎にワンコインカフェ「みちくさ」 貸しスペースで月1営業

カフェを開催する貸しスペース「ヒトハコ」。無垢材を使った内装が特徴

カフェを開催する貸しスペース「ヒトハコ」。無垢材を使った内装が特徴

  •  

 リフォームを手掛ける「正和」(高崎市江木町、TEL 027-395-0451)は7月27日、ワンコインカフェ「みちくさcafe」をオープンする。

【写真】定期開催「ハンドメイドフェスティバル」の様子

 同社は2017年に社屋1階の倉庫をリノベーションし、レンタルスペース「ヒトハコ」の運営を始めた。約20坪のスペースを3時間500円、1日1,500円で提供しセミナーやワークショップの開催などを後押ししてきた。現在、毎月3分の2程度の利用があり、地域の交流の場の一つになっている。

[広告]

 みちくさカフェはこのスペースを使い月1回、毎月第4土曜日に営業(開催)するもの。料金は1人500円で、コーヒーや菓子を提供する。今後は地元の飲食店などとのコラボも予定している。

 同社担当者は「カフェ開催日には通常、予約が必要なレンタルスペースを自由に使ってもらえる。みちくさをするようにふらっと立ち寄ってくつろいでもらえたら」と利用を呼び掛ける。

 カフェの開催時間は10時~17時。