見る・遊ぶ

高崎「マーチングフェス」に50チーム3000人 パレードコース変更

パレード、写真はシンフォニーロード、奥は高崎市庁舎

パレード、写真はシンフォニーロード、奥は高崎市庁舎

  •  

 50チーム約3000人が出場する「第29回高崎マーチングフェスティバルが10月20日・21日、高崎市街地で開催される。

【写真】フロアドリルは高崎アリーナで

 高崎マーチングフェスティバルは「音楽の街 高崎」を代表する市民参加型イベント。今年は市内のスクールバンド36チーム、全国有数の中・高・一般の7チームが出場する。

[広告]

 高崎マーチングフェスチバル協会の南雲正さんは「『学校音楽校門を出ず』あるいは屋外演奏は邪道であるとの伝統的価値観を破り、多くの人の拍手喝采を浴びることが豊な情操を育む。高崎マーチングフェスティバルは音楽文化都市、高崎をアピールするイベント」と胸を張る。

 メーンのパレードは21日。コースが変わり「高崎シティギャラリー」から「南小学校」までとなった。開催時間は10時~12時。

 交通規制中は規制範囲内の駐車場の出入りができない。協会は「高崎駅を利用する場合には東口の利用を」と呼び掛けている。

ピックアップ