食べる 買う 学ぶ・知る

創業450年余、高崎の「糀」専門店が高崎タカシマヤで試飲・試食

会場では試食とともにレシピも紹介する。写真は「モチモチパスタ塩麹ガーリック和え」

会場では試食とともにレシピも紹介する。写真は「モチモチパスタ塩麹ガーリック和え」

  •  

 室町時代に創業した糀専門店「糀屋」(高崎市問屋2)が「高崎タカシマヤ」(高崎市旭町、TEL 027-327-1111)で開催されている「健康カーニバル」に出店する。

【写真】「塩麹と根野菜豆乳スープ」

 糀屋は1566年から糀を作り続けている。現在も麹、塩麹、甘酒などを手作りしている。塩麹は数年前のブームを経て定番の調味料に、甘酒は昨今の健康ブームの中、「飲む点滴」と言われ注目を集めている。

[広告]

 甘酒は麹で作るものと酒粕で作るものとがある。どちらも健康効果があるとされるが、その効果は異なる。麹で作る甘酒が「飲む点滴」と言われるゆえんはブドウ糖の含有量。原料は麹と水(お湯)。麹菌がでんぷんを分解してブドウ糖を作り出し、独特の甘さになる。

 会場では甘酒の試飲のほか、「塩麹と根野菜豆乳スープ」「蓮根と長芋のしょう油麹酢豚」「モチモチパスタ塩麹ガーリック和え」などの試食ができる。

 「健康カーニバル」には「高崎市健康課」「クスリのマルエ」「群馬ヤクルト」「楽歩堂」、ヨガスタジオ「ポスチャー」など群馬県内6店を含む11店が出店している。

 糀屋の試飲、試食は19日~21時。11時~17時。

ピックアップ