買う

「サトウキビの穂」から「ピンク」-新タイプのウージ染め展、前橋で

従来のウージ染めからは想像のつかないピンク色

従来のウージ染めからは想像のつかないピンク色

  •  

 沖縄の物産を扱う専門店「ゆいまーる」(前橋市亀里町「ハーバー珈琲前橋南店内」、TEL 027-210-0496)で4月28日、ウージ染めの展示会が開催される。

ゆいまーる店舗外観

 ウージ染めはサトウキビの葉や茎を原料にした草木染で、葉を使った若草色や萌葱(もえぎ)色のものが知られる。葉や茎は季節によっても色が違い、夏の時期のものは鮮やかな緑色に、初冬には黄金色になるという。

[広告]

 今回、同店が展示するのはサトウキビの穂を使ったもの。淡いピンク色に染め上がるのが特徴で「花穂色」とも呼ばれる。

 同展ではストラップ、バッグ、ストールなど約50点を展示・販売する。価格は525円~2万4,000円。

 営業時間は10時~19時。5月12日まで。期間中の日曜は休み。