天気予報

32

24

みん経トピックス

高崎で不要になったひな飾るぐんまちゃんバナナが好調

高崎で巨匠漫画家の原画展 手塚・石ノ森・藤子A・赤塚さんら300点

高崎で巨匠漫画家の原画展 手塚・石ノ森・藤子A・赤塚さんら300点

(C)さいとう・たかを(C)KIYOHIKO AZUMA/YOTUBA SUTAZIO

写真を拡大 地図を拡大

 手塚治虫さん、石ノ森章太郎さんらの原画約300点を展示する「描く!」が2月11日、高崎市美術館(高崎市八島町、TEL 027-324-6125)で始まる。

【画像】手塚治虫さんの「ブラック・ジャック」

 漫画展は同館初の試み。

 私たちが漫画に触れるのは印刷を通じて。印刷技術や製紙技術の進歩により印刷物のクオリティーは高まったが、原画とは差がある。同館担当者は「漫画は日本文化の要素の一つになってきている。原画の迫力を目の当たりにすることにより、漫画を読んだり、書いたりするきっかけになれば」と話す。

 出品作家は手塚治虫さん、石ノ森章太郎さん、藤子不二雄Aさん、赤塚不二夫さん、水野英子さん、あずまきよひこさん、さいとう・たかをさん、島本和彦さん、竹宮惠子さん、平野耕太さん、PEACH-PITさん、陸奥A子さん、諸星大二郎さんの13人。

 観覧料は一般600円、大高生300円。開館時間は10時~18時(金曜は20時)。月曜(祝日の場合は翌日)休刊。4月10日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング