暮らす・働く

台風19号「高崎市災害ボランティアセンター」開設 大阪からも

わかりやすいと評判の「水害ボランティア作業マニュアル」から水害現場に適する服装(C)震災がつなぐ全国ネットワーク

わかりやすいと評判の「水害ボランティア作業マニュアル」から水害現場に適する服装(C)震災がつなぐ全国ネットワーク

  •  
  •  

 台風19号による被害に対応する「高崎市災害ボランティアセンター」が10月15日13時、「高崎市社会福祉協議会吉井支所」(高崎市吉井町)に開設された。

【画像】 水害後の作業ポイント「泥はやわらかいうちに」

 高崎市内の被害は吉井町に多く、住宅などが床下浸水、床上浸水した。浸水した水は川の水ではなく主に雨水によるものだったため、泥による被害はまぬがれた。スコップによる手作業の泥だしまで想定していたが、片付けが主だったという。

[広告]

 高崎市災害ボランティアセンターには16日16時までに3件の依頼があり、6人のボランティアが活動した。5人は高崎市内、1人は大阪府在住者だった。

 ボランティアの応募、片付けなどの依頼は高崎市災害ボランティアセンター(TEL 027-387-3187)で受け付ける。

  • ????????????