見る・遊ぶ

布袋寅泰さん「マンホールのふた」に 高崎芸術劇場前

布袋寅泰さんの「マンホールのふた」直径60センチ、60キログラム

布袋寅泰さんの「マンホールのふた」直径60センチ、60キログラム

  •  
  •  

 布袋寅泰さんのギターをデザインした「マンホールのふた」が10月11日、高崎芸術劇場前の歩道に設置された。

【写真】布袋寅泰さんの「マンホールのふた」の設置場所

 高崎芸術劇場(高崎市栄町)は群馬音楽センター(高崎市高松町)の老朽化に伴い新設された芸術センター。オープンは9月20日。

[広告]

 高崎市はオープンに合わせ高崎出身のミュージシャン布袋寅泰さんに、マンホールのふたのデザインに布袋さんのギターと名前の使用を依頼。ギターと名前、ギタリズム柄と呼ばれる幾何学模様をあしらったマンホールのふたが完成した。

 ふたは1個で設置場所は高崎芸術センター前の道路を挟んで反対側「太陽誘電」前の歩道。このほか、楽器デザインのふた6種類11枚も設置された。

 布袋さんは12月24日・25日、高崎芸術劇場でライブ「HOTEI GUITARHYTHM VI TOUR 2019 “REPRISE”」を開催する。

  • ????????????