見る・遊ぶ

「赤城南面千本桜」ソメイヨシノ見頃へ GWまでさまざまなサクラ

五~七分まで進んだ「赤城南面千本桜」、4月11日撮影

五~七分まで進んだ「赤城南面千本桜」、4月11日撮影

  •  

 1000本以上のソメイヨシノの並木「赤城南面千本桜」(前橋市苗ヶ島町)が今週末に見頃を迎えそうだ。

【写真】4月10日の「雪とサクラ」

 赤城南面千本桜は「さくら名所100選」の一つで、県内外から10万人以上の花見客が集まる。

[広告]

 今年は4月4日に開花した。9日、4センチの雪が積もったが10日には五分、11日に五~七分まで進んだ。10センチの積雪となった2010年には枝が折れるなどの被害が出たが、今年は無事だった。

 見頃はしばらく続き、GW頃には葉桜も楽しめる。並木に隣接する「みやぎ千本桜の森公園」には日本のサクラ25種類、世界のサクラ16種類、合計500本が植えられており、4月下旬には「関山(カンザン)」「普賢象(フゲンゾウ)」「駿河台匂(スルガダイニオイ)」が咲く。

 「赤城南面千本桜まつり」は4月21日まで。ライトアップは期間中18時~21時30分。

ピックアップ

ピックアップ

後援会申請バナー