暮らす・働く

全国初「自動運転バス」営業運転開始 全方位カメラで信号も認識

自動運転バスにはドライバーが乗り、緊急事態に備える

自動運転バスにはドライバーが乗り、緊急事態に備える

  •  

 前橋市、群馬大学、日本中央バスは12月14日、前橋市内で自動運転バスの営業運行を開始する。自動運転バスの営業運転は全国初。

【写真】自動運転バスの運転席

 自動運転バスはGPS・レーザーセンサー・全方位カメラの情報からハンドル・アクセル・ブレーキなどを制御する。自動運転の試験にパスしたドライバーが搭乗し、緊急時には手動に切り替える。ハンドルやブレーキ操作を行うと即座に手動に切り替る仕組みだ。

[広告]

 営業区間はJR前橋駅=上毛電鉄中央前橋駅間の約1キロ。

 運行は30分間隔で1日26.5往復。3日続けて運行し、3日間運休する。運賃は大人100円、小学生以下50円。

 3月28日まで。

ピックアップ

ピックアップ

後援会申請バナー