見る・遊ぶ

高崎「榛名の梨まつり」 恒例「皮むき大会」栄冠は全員主婦

10人10組、各組の1位10人で決勝戦を行う

10人10組、各組の1位10人で決勝戦を行う

  •  

 8月26日、榛名湖(高崎市榛名湖町)で「第29回榛名の梨まつり」が開催される。

【写真】梨の無料配布

 榛名には約110戸の梨農家があり、年間3,600トンの梨を生産している。高崎、前橋は梨の生産が盛ん。このうち榛名は標高が最も高い。今年は春先から気温が高かったことから、例年より1週間から10日早く最盛期を迎えた。

[広告]

 梨まつりの担当者は「暑すぎ、雨が少ない時期もあったため玉はやや小さめだが、日照時間が長かったことから糖度が高い」と胸を張る。

 梨まつりの人気イベントの一つに「梨の皮むき大会」がある。1分間でむいた皮の長さを競う。レギュレーションでは「幸水」だが、今年は成長が早まったことから品種が変わる可能性が出てきた。2005年からの「幸水」の大会レコードは栃木から参戦した宮崎真由子さん(主婦)の208センチ。宮崎さんは3位までの記録を持つ強者。

 宮崎さんだけでなく歴代の優勝者は全員、高崎、伊勢崎、太田、佐野、足利などの主婦。今年の栄冠はあなたかも。

 「梨の皮むき大会」は12時~13時。整理券配布は11時から。まつりの開催時間は10時~14時。

ピックアップ