3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ

セブン「やよいひめのいちごサンド」群馬全域・埼玉一部で限定販売

「やよいひめのいちごサンド」(360円)やよいひめはクリームとの相性がいいとスイーツ業界で評価されている

「やよいひめのいちごサンド」(360円)やよいひめはクリームとの相性がいいとスイーツ業界で評価されている

  • 106

  •  

 群馬全域と埼玉の一部のセブン・イレブンで3月27日、群馬生まれのブランドイチゴ「やよいひめ」を使った「やよいひめのいちごサンド」の販売が始まった。

【写真】鎧塚俊彦さんと「やよいひめ」のコラボ

 「やよいひめ」は「とねほっぺ」と「とちおとめ」を掛け合わせた品種で、甘味と酸味のバランスが特長の大粒イチゴ。一般的に品質が落ち始める3月(弥生)を過ぎても品質を保てることから「やよいひめ」と命名された。群馬県内で生産されるイチゴは年間約3,280トン。このうち約8割が「やよいひめ」だ。

[広告]

 「やよいひめのいちごサンド」は2016年から今回で3回目。セブン・イレブンと群馬県産の農畜産物ブランド化を目指す女性組織「ひめラボ」とのコラボ。価格は360円で、群馬全域462店舗、熊谷を中心にした埼玉北部の159店舗で取り扱う。

 5月上旬まで。

  • ????????????