買う

群馬5つの名湯「5色のインク」で表現 「温泉インク」発売へ

奥四万湖のコバルトブルー「SHIMA」

奥四万湖のコバルトブルー「SHIMA」

  • 15

  •  

 「アサヒ商会」(高崎市問屋2)は6月18日、群馬県内の温泉をイメージしたインク「GUNMA ONSEN INK(ぐんまおんせんインク)」を発売する。

雪の中の露天風呂をイメージした「MANZA」の水色

[広告]

 温泉は「草津温泉」「伊香保温泉」「水上温泉」「四万温泉」「万座温泉」の5湯で、商品名は「KUSATSU」「IKAHO」「MINAKAMI」「SHIMA」「MANZA」。

 「KUSATSU」は湯畑、「IKAHO」は黄金の湯、「MINAKAMI」は利根川、「SHIMA」は奥四万湖、「MANZA」は雪の結晶をイメージ。「IKAHO」は金ラメ、「MANZA」は銀ラメ入り。伊香保温泉以外の湯の色はブルーをベースにそれぞれ異なる色に仕上げているのが特長。

 ここ数年、万年筆やガラスペン人気が高まり、インクの色にこだわる人も増えた。アサヒ商会の担当者は「中学生から40歳代くらいまで幅広い年代でのニーズがある。自分だけの色を求める傾向がある。温泉と絡めることにより土産需要も見込める」と胸を張る。

 1本30ミリリットル入り。価格は「KUSATSU」「IKAHO」「MINAKAMI」「SHIMA」が2,200円、「MANZA」が2,420円。

 取り扱いは直営の文具店「Hi-NOTE(ハイノート)」3店舗(高崎、前橋、伊勢崎)、公式オンラインショップ。ハイノートの営業時間は10時~20時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース