買う

高崎タカシマヤ「マイセン展」美術品レベル 最高額は1,100万円

美術館所蔵品を復刻したティーポット「鯉」高さ12センチメートル、価格は1,650,000円

美術館所蔵品を復刻したティーポット「鯉」高さ12センチメートル、価格は1,650,000円

  • 12

  •  

 「高崎高島屋」(高崎市旭町、TEL 027-327-1111)は4月13日から「マイセン展」を開催する。

1,100万円のティーポット

[広告]

 マイセンは310年前にヨーロッパで初めて硬質陶器の生産を始めたドイツの名窯。今回の展示は高崎高島屋開店45周年記念イベントの一貫。マイセン展としては6年振り。

 会場には「カップ&ソーサー」「ティーポット」「マグカップ」「プレート」「花びん」「陶版」など約200点が並ぶ。

 価格は16,500円~11,000,000円。最高額の商品はティーポットでもはや美術品。ティーポットはこのほか「ツヴィンガー宮殿陶磁美術館」(独ドレスデン)に収蔵されている「鯉」の復刻品も。価格は1,650,000円。

 日本とドイツは今年3月に交流160周年を迎えた。これを記念し、葛飾北斎の浮世絵「神奈川沖波裏」をモチーフにした額装プラーク「大波」(予約販売)も見られる。価格は1,650,000円。

 高崎高島屋の担当者は「展示会というより美術展。これだけの質と量のマイセン展は群馬県内では珍しい。ぜひ足を運んでもらえたら」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~19時(最終日は17時)。4月19日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース