3密を避けて新しい生活様式へ!

前橋、被害の「チューリップ」プランター再生-富山から届いた苗で

白にピンクの線が入ったチューリップは苗で届いた。急に気温が上昇し満開状態。左下のつぼみはこれから

白にピンクの線が入ったチューリップは苗で届いた。急に気温が上昇し満開状態。左下のつぼみはこれから

  • 0

  •  

 全国都市緑化フェアが開催されている前橋市街地で今月9日から2,000本近いチューリップが切られる、抜かれる被害が発生している中、富山県の農協や種苗会社から贈られた「苗」を譲り受けた市民がもう一度、チューリップを育てている。

 城東町3丁目に住む横田さんは「年明けから毎日、朝晩水をあげ大切に育ててきたが、チューリップだけハサミで切られてしまった。せっかく咲いたのに本当にかわいそうだった。16日に新しい苗が届いたのですぐに植えた。動かすことのできるプランターは夜、家の中にしまっている」。

[広告]

 中央駅前通り商工会会長で理容店を経営する黒崎さんは「皆で一生懸命世話をしてきたので事件が起きてがっかりしていたが、新しい苗が届き喜んでくれた。富山のみなさんには本当に感謝している」と話した。

関連写真前橋で「シャッターアートコンテスト」-緑化フェアで(高崎前橋経済新聞)前橋・広瀬川ライトアップ-緑化フェアで(高崎前橋経済新聞)高崎の呉服店店頭を前橋の植木職人が-緑化フェアで(高崎前橋経済新聞)

  • ????????????
Stay at Home
後援会申請バナー