見る・遊ぶ

高崎で「すき焼きまつり」 群馬の食材大集合「夏すき焼き」も

トマト、ナス、パプリカ、ズッキーニなどの夏野菜を使うすき焼き「夏すき」

トマト、ナス、パプリカ、ズッキーニなどの夏野菜を使うすき焼き「夏すき」

  •  

 群馬県産の食材を使う「オールぐんま de すき焼きまつり」が6月30日、「もてなし広場」(高崎市高松町)で開催される。

【写真】当日販売する「すき焼き弁当」

 食材の全てが群馬県産でそろうことから群馬県は「すき焼き」を通して、群馬県産の農畜産物をアピールしている。「すき焼きまつり」は2017年に初開催し、今回で3回目。昨年は「JAビル」(前橋市亀里町)を会場に約3000人を集客し、「1時間で最も多く提供されたすき焼き」でギネス記録(745人)を達成した。

[広告]

 今回はトマト、ナス、パプリカ、ズッキーニなどの夏野菜を使うすき焼き「夏すき」を提案するなど、すき焼きの可能性を広げる取り組みも。シェフの指導を受けながら夏すき焼きを作るワークショップは1回50人、3回の募集が満杯になっている。

 当日は「牛や清」(前橋市岩神4)、「JAファーマーズ朝日町店」(前橋市朝日1)、「荻野屋」(安中市松井田町)、「いかほ秀水園」(渋川市伊香保町)が自慢のすき焼き弁当を販売するほか、約20店舗が群馬県産の食材を使った食品、クラフトビールなどを販売する。

 開催時間は10時~16時。

ピックアップ