食べる 買う

群馬の新名物に「群馬県産しょう油×米=群馬逸品せんべい」ギフト発表

「特撰にほんいち醤油せんべい」は専用のギフトボックス、手提げ袋付き(オープン価格)。ギフト商品開発を機にブランドロゴを一新した

「特撰にほんいち醤油せんべい」は専用のギフトボックス、手提げ袋付き(オープン価格)。ギフト商品開発を機にブランドロゴを一新した

  •  

 菓子問屋「上信」(前橋市五代町、TEL 027-269-9800)は10月3日、プライベートブランド(PB)の一つ「群馬逸品シリーズ」の初ギフト商品「特撰にほんいち醤油せんべい」を発表した。発売は10月末を予定する。

【写真】宮沢昌子さん

 上信は約30年前からPBに取り組み、群馬由来のブランド「群馬逸品シリーズ」だけで現在、18アイテムを展開している。

[広告]

 「特撰にほんいち醤油せんべい」は、群馬県産米を使った生地を岡直三郎商店(みどり市)の「にほんいち醤油」(にほんいち醤油は岡直三郎商店の登録商標)で焼き上げたもの。ギフトはせんべい15枚と、「にほんいち醤油」(150ミリリットル)がセットになっている。

 上信社長の宮沢昌子さんは「群馬にはおいしいものがないと言われる」と前置きした上で、「おいしいものがないというなら作っちゃえと思った。岡直三郎商店のしょう油にしても米にしてもおいしい。オール群馬でおいしいせんべいにしたかった」と振り返る。

 「特撰にほんいち醤油せんべい」はサービスエリアや道の駅などでの販売を予定している。

ピックアップ