食べる 買う

高崎で「菓子まつり」 100円マーケット、100円体験、菓子だらけ

ワンコインといえば500円が一般的だが菓子まつりでは100円

ワンコインといえば500円が一般的だが菓子まつりでは100円

  •  

 高崎市内の和・洋菓子店45店が10月6日、「もてなし広場」(高崎市高松町)で「高崎菓子まつり」を開催する。

【写真】「パン焼き」体験のスタイル

 高崎菓子まつりは2014年に初開催され、今回で5回目。昨年は約8000人が来場した。

[広告]

 だんご(3本200円)、どら焼き(150円)、赤飯(300円)の実演販売のほか、通常200円~300円で販売している菓子を100円で販売する「ワンコインお菓子マーケット」、「ぐんまちゃん最中作り」「パン焼き」の体験も100円で楽しめる。

 初企画としてホテルメトロポリタン高崎の板橋博さん、原田大輔さんが氷の彫刻づくりを披露する。

 開催時間は10時~15時。

ピックアップ