食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

サクラは散っても 陸自新町駐屯地で「桜まつり」目玉は装備・訓練展示

展示装備品の一つ「74式戦車」。路上・路外走行、潜水譲歩も可能な戦車

展示装備品の一つ「74式戦車」。路上・路外走行、潜水譲歩も可能な戦車

  •  

 陸上自衛隊新町駐屯地で4月7日・8日、「第28回しんまち桜まつり」が開催される。

【写真】「ちょっと待て」3月30日の新町駐屯地

 新町の駐屯地にはソメイヨシノ約200本の並木がある。「しんまち桜まつり」はこのサクラの開花時期に駐屯地を一般に開放するもので、例年約2万人を集客する人気イベント。残念ながら今年は、3月30日に満開。すでに花吹雪となり敷地をピンク色に染めている。

[広告]

 サクラとともに「しんまち桜まつり」の目玉は装備や訓練の展示だ。今年は「74式戦車」、「UH-60JA(ヘリ)」「OH-6D(ヘリ)」「AS-1S(ヘリ)」「FH-70(155mm榴弾砲)」など約10種類を展示する。このうちヘリなどは訓練展示に使用する。

 子ども用には迷彩服(90~140センチメートル)を用意し、写真撮影用に貸し出す。大人も喜び長蛇の列になるのは「装輪車」「高機動車(特大型)」の試乗で今年も実施する。ピンクの絨毯の上には地元の飲食店や農家の屋台が並ぶ。

 開催時間は両日とも10時~15時。近隣に臨駐車場が用意される。駐屯地内への車の乗り入れは禁止。入場時に手荷物検査を行う。

ピックアップ