食べる 暮らす・働く

伊勢崎のラーメン店が高崎に進出 塩ラーメンで勝負「うちの」

黄金の塩ラーメン(820円)。レモンが香る塩スープが新鮮

黄金の塩ラーメン(820円)。レモンが香る塩スープが新鮮

  •  

 「麺や蔵人」(伊勢崎市)の2号店「旨味創麺うちの」(高崎市本町)が3月4日、オープンした。

【写真】店舗外観

 「旨味創麺うちの」は豚骨・鶏ガラ・あさりのスープをベースにした塩ラーメンを看板に据えた。ものによっては白はまぐり(ホンビノス貝)やほたて、真鯛や金目鯛なども使う。

[広告]

 店主の内野公義さんはフランス料理5年、すし・和食20年の経験があり、それぞれのジャンルの料理の良さをラーメンに生かす。

 メニューは看板の「黄金の塩らーめん」(820円)、「白はまぐりらーめん」(972円)、期間限定の「金目鯛の塩らーめん」(1,188円)など約6種類。希望があれば細麺(ストレート、ちじれ)、中太ちじれ、平打ち、こんにゃく麺との変更に無料で応じる。

 「麺や蔵人」は群馬県内の企業「下仁田納豆」「永井酒造」などとのコラボメニューを提供してきた。今後は「うちの」でもこうしたコラボにも取り組む考え。

 営業時間は11時~14時15分、18時(日曜は17時)~21時30分(21時)。

ピックアップ