3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く

清華軒のあの「塩ラーメン」が食べられる 清華軒OBの新店が好調

チャーハンも清華軒を味を引き継いだ。写真はチャーハンセット(900円)

チャーハンも清華軒を味を引き継いだ。写真はチャーハンセット(900円)

  • 221

  •  

 「清華軒」OBが4月末にオープンしたラーメン店「恵比寿」(高崎市上豊岡町、TEL 027-393-6636)が男性の支持を受け好調だ。お好み焼き「大ちゃん」跡。

【写真】清華軒仕込みの「チャーシューメン」

 清華軒は昨年10月、休業に入った。恵比寿店主の伊藤大志さんは清華軒のラーメンに魅せられ2011年7月、当時務めていた洋食レストランを辞め清華軒に入った。「いつかは自分の店を」と考えていた伊藤さん。昨年1月に清華軒を辞め、2月から11月まで佐野のラーメン店で青竹麺を学んだ。

[広告]

 仕事柄さまざまな麺を食べてきた伊藤さん、竹の節の影響で不規則な形状になる青竹麺は「立体的で面白い食感になるし、スープが絡みやすい」という。スープは豚と鶏をベースにした清華軒仕込みだ。

 清華軒と言えば定番のしょう油ラーメンはもちろん、塩ラーメン、チャーハンのファンも多かったため、「清華軒のラーメンが食べられる」と口コミが広がる。

 店をオープンさせるまで「お客様が来てくれるだろうか」と心配したというが、当初から男性サラリーマンを中心に1日平均約70人の来店がある。

 メニューは「ラーメン」(680円)、「塩ラーメン」(同)、「ワンタンメン」(880円)、「チャーシューメン」(950円)など。チャーハンやネギチャーシュー丼などのセットもある。

 営業時間は11時30分~14時30分、17時30分~21時。日祝定休。

  • ????????????
Stay at Home
後援会申請バナー