見る・遊ぶ 暮らす・働く

崩落アーケード修復完了で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」無料上映

二人が目指した「未来」を2年超えた。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(C)1985 Universal Studios. All Rights Reserved.

二人が目指した「未来」を2年超えた。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(C)1985 Universal Studios. All Rights Reserved.

  • 113

  •  

 2014年2月の大雪の影響で崩落した「高崎中央銀座アーケード」の修復工事完了を記念して12月17日、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985年アメリカ)吹替版を上映する。観覧無料。

【写真】修復工事が完了した中央銀座アーケード

[広告]

 高崎中央銀座アーケードは鞘町・中紺屋町・寄合町・新紺屋町にまたがる全長430メートルのアーケード。このうち新紺屋町側の約110メートルが「歴史的」と言われた大雪で崩落した。修復工事は今年3月から12月にかけて行われた。工事費は3億9000万円だった。

 このアーケードからほど近い場所に映画館「高崎電気館」がある。高崎電気館では新たな試みとして「おでかけ映画館」を企画しており、アーケードのオープンに合わせアーケードに初のお出かけ上映することになった。

 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」はアメリカはもちろん日本でも大ヒットした。作中の「30年後の未来」が2015年だったことから、この年には全国各地でイベントが開催され、10月には「デロリアン」(デロリアンDMC-12、米、デロリアン・モーター・カンパニー社製)が都内を走り話題になった。

 当日は昭和の時代に逆スライドしたような空間で、この名作を楽しめる。上映は18時30分から。16時からはオープニングセレモニー。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース