見る・遊ぶ

高崎芸術劇場「火の鳥 エデンの花」映画と演奏 群響フルオーケストラ

「火の鳥 エデンの花」(C)Beyond C. 

「火の鳥 エデンの花」(C)Beyond C. 

  • 9

  •  

 「高崎芸術劇場」(高崎市栄町)で11月19日、アニメ映画「火の鳥 エデンの花」のシネマ・シンフォニーを開催する。

「火の鳥 エデンの花」主人公「ロミ」

[広告]

 「火の鳥 エデンの花」は手塚治虫の「火の鳥望郷編」をアニメーション映画化した作品で、11月3日に全国公開される。シネマ・シンフォニーは映画と演奏、両方を楽しむコンサート。演奏は群馬交響楽団のフルオーケストラ(70人)。

 アニメーション制作は「STUDIO 4℃」(スタジオよんどしい)。STUDIO 4℃代表の田中栄子さん(渋川市出身)は「火の鳥 エデンの花」のプロデューサーを務めた。シネマ・シンフォニーの企画に際し、群馬交響楽団を思い出し声をかけたという。

 指揮は「64ロクヨン-前編」などの映画で日本アカデミー賞優秀音楽賞を3度受賞している松村崇継さん。

 開演時間は17時30分。チケットはS席大人8,800円、4歳以上中学生まで5,800円、A席6,800円、4,800円。先行販売(10月6日~)「ローソン」「高崎芸術劇場ホームページ」。一般販売は10月20日~。「ローソン」「高崎芸術劇場ホームページ」「高崎芸術劇場チケットセンター」「チケットぴぁ」など。

後援会申請バナー
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース