太田のご当地ヒーロー「ヤキソバマン」、前橋に「参上」

「旨い焼きそば山口屋」のブースでPR活動を行う「ヤキソバマン」。現在、焼きそばを焼くトレーニングを重ねており、近い将来「ヤキソバマン」が焼いた「焼きそば」を楽しめる日がくる模様

「旨い焼きそば山口屋」のブースでPR活動を行う「ヤキソバマン」。現在、焼きそばを焼くトレーニングを重ねており、近い将来「ヤキソバマン」が焼いた「焼きそば」を楽しめる日がくる模様

  •  

 太田市のご当地ヒーロー「ヤキソバマン」が3月29日、前橋市街地の中央通り商店街で開催された「大千円市」に参上した。

 「ヤキソバマン」は、「上州太田焼そばのれん会」が推進している地域ブランド「太田焼そば」の知名度アップを「私的」に応援するご当地ヒーローで、昨年7月に開催された「おおた祭り」でデビューした。

[広告]

 「大千円市」には「旨いやきそば山口屋」(太田市東長岡町、TEL 0276-22-2538)とともに参加し、握手や記念撮影に応じた。

 「ヤキソバマン」は、ウルトラマンや仮面ライダーなどヒーロー好きが高じて「ヒーローになりたい。太田だから焼きそば」(ヤキソバマン)と、赤い衣装に身を包みイベントなどに参上してきた。

 「5月に『ヤキソバマンブルー』がデビューする予定になっており、今後イエローかピンク(できれば女性)の希望者が出れば『太田ヤキソバマン タベルンジャー』結成」(同)を目指しており、イエローまたはピンクの希望者を募集しているという。

 3月には、テーマソング「太田ヤキソバマン・レッド」(市川たつこさん・作詞、拓野正行さん・作曲、拓野正行さん・歌唱)も生まれた。テーマソングは現在「ヤキソバマン」が登場するイベント会場か「ヤキソバマン」のブログでしか聴けないが、「発売を待ち望む声が多くなれば発売も検討する」(拓野さん)とも。

関連写真前橋のラーメン店が営業再開-けがした店主が復帰(高崎経済新聞)県内の学生らによる空き店舗「シャッターアート」(高崎経済新聞)高崎・晃月人形、手塚プロとのコラボびな「火の鳥」発売(高崎経済新聞)ヤキソバマン

ピックアップ

ピックアップ

後援会申請バナー