見る・遊ぶ

「幻のホーム」で「上越線ビール」を 高崎駅1番線を特別開放

高崎駅1番線に設置される「01 DINER」のイメージ

高崎駅1番線に設置される「01 DINER」のイメージ

  •  

 一般客の立ち入りを禁止している高崎駅の1番線ホームと、上信電鉄が使用している0番線ホームを開放するイベント「0-1 DINER(ゼロイチダイナー)」が3日間限定で開催される。

【写真】上越線ビール

 1番線は「特急あさま」などの優等列車の発着ホームとして使われていたが、2004年から貨物列車の通過線となり、一般客が入れなくなった。「0-1 DINER」はこの1番線と、上信電鉄が使用している0番線を使い、SLビールなどを提供するもの。

[広告]

 上越線ビールは「D51498 BLACK(ブラック)」と「C6120 PILSNER(ピルスナー)」の2種類で、月夜野クラフトビール(みなかみ町)とのタイアップ商品。

 当日はこれらのビールをペットボトルで、アサヒスーパードライ、サントリー角ハイボールを缶で、「群馬いろは」で販売しているもつ煮5種などを販売する。

 開催期間は5月24日~26日。開催時間は24日が17時~22時、25日・26日は15時~20時。入場無料。

ピックアップ