食べる

高崎タカシマヤ「屋上ビアガーデン」オープン 昭和・平成、令和へ

時間制限がないためオープンからクロースまで居る人が多い。地下の食料品売場で販売している惣菜などを持ち込むこともできる

時間制限がないためオープンからクロースまで居る人が多い。地下の食料品売場で販売している惣菜などを持ち込むこともできる

  •  

 高崎タカシマヤ(高崎市旭町、TEL 027-327-1111)は5月10日、「屋上ビアガーデン」の営業を始める。

【写真】女性を意識したメニューが増えている

 屋上ビアガーデンは高崎タカシマヤが開業した1978(昭和53)年に始め、毎年開催している。

[広告]

 春先から気温が高かった昨年、入場者数、売上とも過去最高を記録した。年々、女性の来場者が増え、昨年は男性が51%(前年58%)、女性が44%(前年37%)だった。

 このため高崎タカシマヤでは女性向けメニューを強化するとともに、膝掛けの貸し出しサービスを始める。

 長年据え置いていた料金だが、アルコールなどの値上げに伴い200円アップの男性3,200円、女性2,800円に。高校生~19歳までは2,000円、中学生1,500円、小学生1,000円、3歳~未就学児500円。ドリンク、フードは常時30~40種類。飲み放題、食べ放題、時間制限はない。

 オープン当日の5月10日は男女とも2,500円。地元バンド「ホリケン」の生演奏も楽しめる。

 営業時間は17時~21時。9月8日まで。