食べる

和風カフェ「鎌倉」群馬初出店 スーパー退職店主、くつろげる店に

「鎌倉贅沢パフェ」(1,000円)には鎌倉わらびもち、黒豆みかさ、麩まんじゅうなど11種類の甘味が盛られる

「鎌倉贅沢パフェ」(1,000円)には鎌倉わらびもち、黒豆みかさ、麩まんじゅうなど11種類の甘味が盛られる

  •  

 和風カフェ「太郎茶屋 鎌倉 前橋店」(前橋市文京4、TEL 027-898-2244)が7月19日、オープンした。群馬初出店。

【写真】「鎌倉わらびもち」はテークアウトも

 太郎茶屋 鎌倉は「太郎屋本舗」(兵庫県姫路市)が全国21都道府県に展開するカフェで、前橋店が31店舗目。前橋店の店主はスーパーマーケット「とりせん」(本社=館林市)を退職した久保忠之さん。

[広告]

 久保さんは「定年がない仕事をしたい」と19年務めたとりせんを辞めた。「お客さまはもちろん、働いている人も癒される店にしたい」という久保さん、「スターバックスは若い人がターゲットなのに対し、太郎茶屋 鎌倉は子育て中の主婦から子育てが終わった人までターゲットが幅広く、コンセプトに魅力があった」と振り返る。

 メニューは甘味プレートとドリンクが付いたランチ5種類(1,000円~1,200円)、「オムライス」などの食事8種類(750円~950円)、「鎌倉わらびもち」などの甘味13種類(300円~1,000円)など。

 「鎌倉わらびもち」(400円)は太郎茶屋 鎌倉全店で1日合計5000個を販売する看板メニュー。このわらびもちや白玉、抹茶アイスなどをトッピングした「鎌倉贅沢パフェ」(1,000円)も人気があるという。

 営業時間は11時~21時。

ピックアップ