学ぶ・知る

平野レミさん、高崎産野菜でライブ ブロッコリーはどうなった

「手作りのものを作ってみんなで楽しく育てて食べれば、幸せで平和」、ブロッコリーを切る平野レミさん

「手作りのものを作ってみんなで楽しく育てて食べれば、幸せで平和」、ブロッコリーを切る平野レミさん

  •  
  •  

 平野レミさんが5月23日、高崎産の食材を使うトークショー「クッキングライブ in TAKASAKI」で3つのオリジナルレシピを公開した。

【写真】「ごっくんコロッケ」誕生秘話

 食材はタマネギ(国府野菜本舗)、ニンニク(高橋篤さん)、エリンギ(神保美奈子さん)、チンゲン菜(小嶋美徳さん)、みそ(あじさいグループ)、梨ジャム(榛名クラブ)、ドライほおずき(森農園)、イチゴ(金井いちご園)、そしてブロッコリー(野中重和さん)。

[広告]

 レミさんはこれらから「チンゲン菜吸い鶏パスタ」「春どりブロッコリーポタージュ」「梨ジャムデザートバケット」を考案。実際に料理してみせた。

 今回、ブロッコリーは小房に分けて蒸し煮にしミキサーにかけたためその姿は残らなかったが、ブロッコリー自体の旨味が存分に楽しめるポタージュに変身させた。

 途中、「ごっくんコロッケ」の誕生秘話を披露するなど、レミパワー炸裂。高崎産の野菜については「野菜を切っていて柔らかい、いい感じ。なんかみんないいことばかりで高崎に住みたくなっちゃった」と話した。

 レシピは後日、高崎市観光協会のホームページに掲載する。食材は「高崎じまん」(高崎市八島町「高崎オーパ」内)で入手できる。

  • ????????????