見る・遊ぶ 暮らす・働く

高崎の「どろんこママさんバレーボール」トーナメント 全日本大会目指す

昨年エキシビジョンで行なわれたママさんバレーボール

昨年エキシビジョンで行なわれたママさんバレーボール

  •  

 6月5日に開催される「吉井どろんこ祭り2016」のどろんこ競技「ママさんバレーボール」「パパさんバレーボール」「子どもドッジボール」にトーナメント制を導入し、「全国大会」に育てる動きが始まっている。

【写真】参加者には外国人も

 「吉井どろんこ祭り」は田植え前の田んぼでさまざまな競技を行なうもので、2003年に初開催され今回で13回目。

[広告]

 競技は事前申し込みが必要なものと不要なものがある。事前申し込み不要の種目は「ウナギのつかみ取り」「ドジョウすくい」「障害物競走」「おしり相撲」「しろかき走」「手つなぎ親子リレー」「どろんこすべり台」など、イベント色が強い。

 一方、バレーボールとドッジボールはなかなかのもの。バレーボールが中学生以上(1チーム9人以上)、ドッジボールは小学生(1チーム9人以上)。高崎市役所などに申込書を用意している。問い合わせは高崎市吉井支所地域振興課(TEL 027-387-3111)で受け付ける。4月28日締め切り。

 同課担当者は「参加チームを広いエリアから集め、全国大会化したい」と話しており、ルールなどの見直しを行なっている。

 いずれも参加費は無料。

ピックアップ

ピックアップ

後援会申請バナー