都内激戦区にも出店中の豚骨ラーメン店、ちょっと苦戦-スマーク伊勢崎内

助屋スマーク伊勢崎店一番人気の「野菜たっぷり粗ごし豚骨らぅめん」(700円)

助屋スマーク伊勢崎店一番人気の「野菜たっぷり粗ごし豚骨らぅめん」(700円)

  •  

 粗ごし豚骨スープが特徴のラーメン店「らぅめん助屋スマーク伊勢崎店」(伊勢崎市西小保方町「スマーク伊勢崎」内、TEL 0270-75-3884)が当初の予定より「ちょっと苦戦」(同店三井店長)していることがわかった。

助屋スマーク伊勢崎店のレトロさを見る

 「らぅめん助屋」(本社=長野県長野市)は現在関東地方を中心に国内15店舗、海外5店舗を展開しており、「どの店舗でも同じ品質の商品を提供するために国内の店舗には、本社で24時間かけて仕上げた『粗ごし豚骨スープ』を毎日運んでいる」(同)のが特徴。

[広告]

 群馬県内への出店は2006年の「らぅめん助屋高崎店」(高崎市旭町)以来2店舗目。高崎店は普通のラーメン店の雰囲気だが、スマーク伊勢崎店は昭和30年代のレトロな雰囲気でまとめた。

 「スマーク伊勢崎店は『昔懐かしい屋台のラーメン店』をイメージした。屋台の雰囲気を出すため天井には青空に雲が浮かぶクロスを使用した」(同)が、スマーク伊勢崎の利用者は「連日同じ人が何度も通って来るわけではなく、ファミリーで休日に遊びに来るような利用が主なため、『せっかく出かけて来たのだから、ゆっくり食事を』という需要が高いのだと思う。当店では現在のところ、スマーク伊勢崎のリピーターが『次に寄ってみよう』と思ってくれればいいと考えている」(同)という。

 また三井店長は「土日や祝日は黙っていても多くの人が訪れるので、平日のイベントも企画してもらえたらありがたい」とスマーク伊勢崎への要望も明かした。

 スマーク伊勢崎店で最も人気のメニューは「野菜たっぷり粗ごし豚骨らぅめん」(700円)で、国内15店舗で売り上げナンバーワンの「本格極細麺豚骨醤油らぅめん」(700円)より売れ行きが良く、多い日には120~130杯が出るという。

 メニューはこのほか、「昔ながらのサッパリ醤油らぅめん」(580円)、「野菜たっぷりみそらぅめん」(750円)、「特濃つけ麺節もり」(750円)などで、ラーメンを注文した大人ひとりにつき「お子様らぅめん」1杯を無料サービス(6歳以下限定)している。

 ドリンクは通常のソフトドリンクやビールのほか、屋台にちなみ「ワンカップ」の酒(菊水=450円)などをそろえる。

 営業時間は11時~23時。

ピックアップ

ピックアップ

後援会申請バナー