買う

「渋川に無印あった」は都市伝説? 1990年代に「スズキ」複合店

無印良品

無印良品

  • 29

  •  

 今年4月、日赤跡地にオープンした「無印良品前橋朝日町」(前橋市朝日3)は「群馬初の路面店」なのか、「無印良品」を展開する「良品計画」から回答を得た。

「無印良品前橋朝日町」店舗外観

[広告]

 群馬初の路面店というニュースに対し、「渋川にあった」「ユーザーだった」「本当に群馬初の路面店?」などの声が寄せられたため良品計画に調査を依頼。渋川市入沢にカーディーラー「スズキ」との複合店があったことがわかった。

 当初、無印良品の営業権は「西友」が持っていた。戦略の一つとして他業種とのタイアップがあり、「スズキ」と複合店舗を出店していた。渋川市入沢の店は1993年にオープンした。良品計画が西友から無印良品の営業権を譲受したのは1990年。その後も西友が商品を取り扱っていたため、実験店が残った格好。

 良品計画には渋川市入沢の店に関する記録は残っていない。良品計画の担当者は「当社の記録になかったので、新聞記事を調べたり当時を知る社員から話を聞くなどしました。ユーザーのみなさんからすれば無印良品を販売していたから無印の店舗だと認識されたと思います。しかし無印良品の取り扱いがあったとしても、当社では店舗としてカウントしておりません。店舗ではないので路面店でもないということになります」と話す。「無印前橋朝日町店」は「群馬初の路面店」。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース