友好都市・金沢市内で高崎の物産品をPR-だるま2千個配布も

高さ12センチの「小だるま」

高さ12センチの「小だるま」

  •  

 高崎市は「友好都市協定」を交わした石川県金沢市で5月30日・31日、「だるま」など高崎の物産品を配布するPRイベントを開催する。

 両市が「友好都市協定」を締結したのは今年2月6日で、PRイベントは今回が初。「高崎の魅力を知ってもらうため」(同市担当者)、高さ12センチの「小だるま」や、金、青、ピンク、黄色の「カラーだるま」合計2,200個、「榛名の梅干」500個、観光パンフレットなどを用意する予定。配布は高崎市観光課の職員が行う。

[広告]

 配布は30日=JR金沢駅(14時~15時30分)、31日=香林坊商店街(12時~14時)、JR金沢駅東広場もてなしドーム(12時30分~13時30分)。香林坊商店街では、だるま職人が絵付けパフォーマンスを披露する予定。

高崎市と金沢市、友好交流都市協定結ぶ-金沢で調印式(高崎前橋経済新聞)食べる時に餡を詰める「高崎だるま」手作り最中発売(高崎前橋経済新聞)高崎名物目指し「オーケストラだるま」発売へ(高崎前橋経済新聞)金沢のファッションビル「ベルセル」、「アキバ系」に店舗総入れ替え(金沢経済新聞)

ピックアップ