食べる 買う

前橋に「ブルーボトルコーヒー」地方初進出 高崎の眼科医らが運営

「ブルーボトルコーヒー白井屋カフェ」店舗外観(C)Ben Richards

「ブルーボトルコーヒー白井屋カフェ」店舗外観(C)Ben Richards

  • 266

  •  

 「ブルーボトルコーヒー白井屋カフェ」(前橋市本2「白井屋ホテル」内)が9月17日にオープンした。地方初進出。

ブルーボトルコーヒー×なか又 「ふわふわ わぬき コーヒークリームとあんこ」

[広告]

 ブルーボトルコーヒーは米国カリフォルニア州に本拠地を置くコーヒー生産販売会社。米国内・韓国・香港・日本で店舗展開しており、店舗数は100店舗を超えた。日本進出は2015年。東京、神奈川、京都、大阪、兵庫に23店舗、ブルーボトルコーヒー白井屋カフェは24店舗目。

 白井屋ホテルは前橋再生を目指す「めぶく。」の一環で2020年12月にオープンした。ブルーボトルコーヒー白井屋カフェは2020年2月にオープンしたタルト専門店「 SHIROIYA the PATISSERE(白井屋ザパティスリー)」に続く新店。

 運営を手掛けるのは高崎佐藤眼科(高崎市南大類町)が設立した「GIVE」。ブルーボトルコーヒー白井屋カフェの担当者は「白井屋ホテルとリンクし、店内でアート作品が楽しめる。地元のみなさん、前橋を訪れるみなさん、さまざまな方々が気軽に立ち寄っていただける新しいスポットにしたい」と意気込む。

 メニューはドリンク約25種類。「ブレンドコーヒー」(テークアウト486円、イートイン495円)、「シングルオリジンコーヒー」(594円、605円)。フードはブルーボトルコーヒー×なか又の「ふわふわ わぬき コーヒークリームとあんこ」(540円、550円)など約10種類。

 営業時間は8時~19時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース