見る・遊ぶ 学ぶ・知る

「ぐんまちゃん」アニメ「無料先行配信」2万回超 放送は3日から

「ぐんまちゃん」(中央)、新キャラ「みーみ」(左)、「あおま」(右)

「ぐんまちゃん」(中央)、新キャラ「みーみ」(左)、「あおま」(右)

  • 63

  •  

 群馬県は9月17日、群馬県のYouTubeチャンネル「tsulunos」でテレビアニメ「ぐんまちゃん」の無料配信を始めた。期間限定。

エンディング曲「Happy」作詞作曲は多胡邦夫さん、歌っているのは

[広告]

 アニメ「ぐんまちゃん」は全13回。群馬県が企画・製作した。群馬テレビ、茨城を除く関東圏、兵庫、京都の8局での放送を予定していたが、「dTV」「アニメタイムズ」などの動画配信サービスでの配信も決まった。事業費は2億3,000万円。

 無料配信しているのは1話分(約7分)。視聴回数は9月21日に2万回を超え、22日5時現在で23,841回。

 ぐんまちゃん(馬)は1983年、「第38回国民体育大会(あかぎ国体)」のマスコットキャラクターとして誕生。2008年、群馬県がアンテナショップ「ぐんまちゃん家(ち)」(東京都中央区)をオープンしたのを契機に、1994年にデビューした「ゆうまちゃん(ポニー)」がぐんまちゃんを襲名した。

 二代目ぐんまちゃんはゆるキャラブームに乗り、2012・2013年には全国3位、2014年には念願の優勝を果たした。

 群馬県内ではグッズや菓子など多くの関連商品が誕生。商標の利用許諾件数は1万7000件を超えた。2020年に群馬県が着ぐるみの貸し出しをやめるまではイベントや店舗のオープンなどでよく見かける身近なキャラだった。

 久々の登場となるぐんまちゃん。群馬県知事戦略部メディアプロモーション課の担当者は「テレビ8局だけでも合計2667万世帯、国内の48%をカバーできる。ネット配信で国内全域いや世界も」と期待を寄せる。

 無料配信は10月2日まで。テレビ放送、配信は10月3日から。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース