暮らす・働く

群馬「ワクチンでスバル」1000万円投下 若年層接種率2倍超に

「県央ワクチン接種センター」で接種する山本群馬県知事

「県央ワクチン接種センター」で接種する山本群馬県知事

  • 246

  •  

 若年層のワクチン接種を増やそうと「スバルXV(1.6i EyeSight)」や旅行券などのインセンティブを用意した「新型コロナワクチン接種キャンペーン」により8月29日現在、1回目の接種率が4週間で2倍以上になったことがわかった。

「スバルXV」を見ておく

[広告]

 対象は2021年中に20~40歳になる人で、7月末までで1回目の接種率は20%に達していなかった。アンケート調査では20~30歳代は「もう少し様子を見たい」「接種したくない」が50%を超えていた。キャンペーンは一人でも多くの人に接種を促そうと考えた山本一太群馬県知事の肝いり。8月6日の定例記者会見で発表。8月29日現在で46.5%になった。

 事業費は1000万円で内訳は旅行券5万円100人分、2万円270人分などで、目玉のスバルXVはSUBARUからの寄贈。

 目指すは接種率70%。山本群馬県知事は「新型コロナは感染すると若年層でも重症化する。ワクチンはデメリットよりメリットが大きい。正しい知識を持って」と呼び掛ける。

 申し込みには9月末までに2回の接種を済ませる必要がある。9月末までに2回の接種が可能になるのは群馬県のワクチン接種会場では9月2日まで、かかりつけ医などでは9月9日までに1回目を接種する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース