暮らす・働く

群馬「県央ワクチン接種」延長・移転 1回接種受付10月2日まで

ワクチンはモデルナ社製

ワクチンはモデルナ社製

  • 53

  •  

 群馬県は「Gメッセ群馬」(高崎市岩押町)の「県央ワクチン接種センター」での1回目接種を10月2日まで延長。10月3日に「県央ワクチンセンター」を「群馬産業技術センター」(前橋市亀里町)に移転し、2回目の接種を行う。2回目の接種の最終日は10月30日。

「県央ワクチン接種センター」会場全景

[広告]

 県央ワクチン接種センターは6月17日に開設された。接種は8月25日現在延べ372,782回。当初は1日2000~3000人の利用だったが8月には1日1万人を超える日もあった。1回目接種の受付は9月4日の予定だった。

 群馬県の接種率は6月、1回目接種43.66%で全国9位、2回目接種28.78%全国27位だった。8月には1回目接種60.21%で全国4位、2回目接種45.89%全国12位に上がった。

 山本一太群馬県知事は「11月末までに希望する県民へのワクチン接種を終える」と意気込む。山本群馬県知事は「ワクチン接種でスバル(XV)が当たるキヤンペーン」で全国的に注目を集めている。

 県央ワクチン接種センターで接種した男性(30歳代)は「2回目の接種を終えた。あとはスバルが当たるのが楽しみ」と話した。

 ワクチン接種センターで使用するワクチンはモデルナ社製。市町村が発行するワクチン接種券を持つ人なら誰でもワクチン接種が受けられる。群馬県内の職域接種会場でモデルナの1回目接種を受けた人、群馬県以外の都道府県会場でモデルナの1回目接種を受けた人で2回目の接種が困難になった群馬県在住の人も受け付ける。

 申し込みは「ぐんまワクチン接種LINE予約システム」で受け付ける。問い合わせは「ぐんま県営ワクチン接種センター」(TEL 0570-001-720)で受け付ける。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース