見る・遊ぶ

新エンタ「ゲキシネ」群馬初上映 「劇団☆新感線」カメラ20台

左が「捨之介(すてのすけ)」小栗旬さん、右が「無界屋蘭兵衛(むかいやらんべえ)」山本耕史さん

左が「捨之介(すてのすけ)」小栗旬さん、右が「無界屋蘭兵衛(むかいやらんべえ)」山本耕史さん

  • 22

  •  

 新しいエンターテイメントとして注目を集める「ゲキシネ」作品「髑髏城の七人 season 花(どくろじょうのしちにんシーズンはな)」が5月15日から、「高崎電気館」(高崎市柳川町、TEL 027-395-0483)で上映される。

豪華な衣装?「贋鉄斎(がんてつさい)」古田新太さん

 ゲキシネは演劇とシネマを合わせた造語。演劇を映画用のカメラで撮影し、映画館で上映するもの。ゲキシネ「髑髏城の七人 season 花」の上映は群馬初。

[広告]

 「髑髏城の七人 season 花」は「劇団☆新感線」の代表作の一つ。2017年3月から2018年6月までのロングランとなり、55万人を動員した。

 ゲキシネでは20台のカメラで撮影した映像を編集。豪華な衣装、俳優の表情、汗や涙まで見える迫力のある仕上がりになっている。高崎電気館の担当者は「劇場中継なんて退屈なんじゃないという人にこそ見てほしい」と力を込める。

 出演は小栗旬さん、山本耕史さん、成河さん、りょうさん、清野菜名さん、近藤芳正さん、古田新太さんら。

 上映時間は11時~、15時~。172分(休憩あり)。鑑賞料は1,800円。5月21日まで。

後援会申請バナー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース