食べる

高崎「イタリア料理」新店営業本格化 コロナ禍も好調な滑り出し

セット・コースのメニューから「大海老のペスカトーレ」(手前)「ミスジのグリエ」(奥)

セット・コースのメニューから「大海老のペスカトーレ」(手前)「ミスジのグリエ」(奥)

  • 27

  •  

 イタリア料理の新店「Restaurant AQUA Table(レストランアクアテーブル)」(高崎市飯塚町、TEL 027-384-3117)が2月1日、営業(時短)を本格化する。1月8日オープン。

「Restaurant AQUA Table」店内

 アクアテーブルは、2019年1月にオープンしたエスニック料理「バリニーズカフェ」(高崎市緑2)の姉妹店。バリニーズカフェは昨年4月は休業。5~6月は売上が前年比50%まで落ちたものの7~11月は100%をクリア。12月も90%を維持した。

[広告]

 オーナーの瀧澤祐貴さんは「コロナ禍でも店の雰囲気を作り、しっかりした料理を提供することによって集客はできる。料理人も集まってきたし」と新店オープンに踏み切った。

 食材はオマール海老、鴨、ゴルゴンゾーラなど定番の高級食材、上州牛、上州麦豚、赤城鶏など地元産を使う。メニューは昼はセット(1,200円~)、夜はコース(1,880円~)。価格は税別。

 ターゲットは30~50歳代の女性。1月中は昼だけ営業だったが、狙い通り大人の女性が集まっている。瀧澤さんは「昼だけの営業で目標の6割程度になった。手応えは十分」と胸を張る。

 営業時間は11時30分~15時、18時~22時(時短営業中は17時~20時)。

後援会申請バナー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース