見る・遊ぶ

平成最後の「森とオーケストラ」 臨時駐車場「太陽誘電」に変更

普段着姿の団員に芝生に座り弁当を広げる家族連れと、コンセプトの「気軽さ」そのまま

普段着姿の団員に芝生に座り弁当を広げる家族連れと、コンセプトの「気軽さ」そのまま

  •  

 平成最後となる「森とオーケストラ」が4月29日、「群馬の森」(高崎市綿貫町)の大芝生広場特設ステージで開催される。40回目。

【写真】当日5人選抜「あなたもメイ指揮者」

 森とオーケストラは1978(昭和53)年、気軽に音楽を楽しめる機会をと群馬交響楽団が始めた野外演奏会。年々参加者が増え、最近は1万人を集客するイベントになった。

[広告]

 「オーケストラ演奏」「あなたもメイ指揮者」「みんなで歌おう」の3部構成で、今回は開演前に「みんなで歌おう」で使用するカスタネットを作るワークショップを開く。

 開演時間は12時。カスタネット作りは10時~11時30分。定員300人。いずれも参加無料。

 臨時駐車場が「高崎市総合卸売市場」から「太陽誘電八幡原工場」(高崎市八幡原町)に変更になった。「太陽誘電八幡原工場」「高崎駅東口」から無料シャトルバスを運行する。

ピックアップ