学ぶ・知る

「新パン線」「地球は甘かった」田中達也さん展示 「高崎観音」も

「新パン線」 (C)Tatsuya Tanaka

「新パン線」 (C)Tatsuya Tanaka

  •  

 190万人のフォロワー持つ見立て・ミニチュア写真家、田中達也さんの「MINIATURE LIFE展~田中達也 見立ての世界~」が3月20日、高崎タカシマヤ(高崎市旭町、TEL 027-327-1111)で始まる。

【写真】「地球は甘かった」

 田中さんは2011年から日用品とジオラマ用人形を使った見立て作品をSNSで公開し、海外を含めて人気を得た。2017年にはNHK連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックを担当している。

[広告]

 「MINIATURE LIFE展~田中達也 見立ての世界~」では「新パン線」「地球は甘かった」「漁業菌糸区域」「ブロッコリー1本分のサバンナ」など120点以上を展示する。

 撮影自由。高崎にちなんだ高崎観音をモチーフにした作品ではミニチュア体験もできる。

 入場料は一般800円、大高生600円、中学生以下無料。開催時間は10時~19時(3月25日~29日は18時30分、最終日は16時30分)。3月20日・21日にはギャラリートーク、サイン会を開催する。4月1日まで。