天気予報

12

10

みん経トピックス

奈良の老舗、北関東初出店前橋で豚肉料理最終決戦

関東初「ふしぎなかみひこうき」ナムコ、高崎に旗艦店

関東初「ふしぎなかみひこうき」ナムコ、高崎に旗艦店

インタラクティブ紙飛行機遊びを関東初導入、店舗面積は151坪

写真を拡大 地図を拡大

 ナムコ(本社=東京都港区)は10月13日、インタラクティブ紙飛行機遊び「ふしぎなかみひこうき」を導入した「あそびパークPLUS高崎OPA店」(高崎市八島町「高崎オーパ」内)をオープンする。

【写真】関東初「ふしぎなかみひこうき」ほか店内

 「ふしぎなかみひこうき」は、その場で折った紙飛行機を映像に向かって飛ばすと映像に取り込まれ、乗りものとして空を飛ぶもの。プロジェクションマッピングとセンサーなど最新の技術が使われている。「あそびパークPLUSイオンモール富谷店」(宮城県富谷市)の施設に次ぎ2施設目。同社では関東におけるフラッグシップ店と位置付ける。

 「あそびパークPLUS高崎OPA店」は0~12歳の子ども(保護者同伴)が対象で、「ふしぎなかみひこうき」のほか「イマジネーションヒルズ」「サンドアートカレッジ」「クリエーターズヴィレッジ」「ライドシティ」の5つのゾーンがある。

 5つのゾーンは「ふしぎなかみひこうき」のようにテクノロジーを駆使したものもあれば、「イマジネーションヒルズ」のように「空気膜遊具」を使って体を動かすアナログもの、「サンドアートカレッジ」のようにサンドアートを通して自由な発想を育むものなど多様な遊びを提供しているのが特徴。

 利用料は子ども(6カ月~12歳)は入店から30分間630円、30分を超えた10分ごとに150円、保護者(20歳以上の同伴者)は630円、超過料金なし。平日1日フリー券は子ども(同)1,500円、保護者(同)630円。

 営業時間は10時~20時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

左からバカボンのパパ、ぐんまちゃん、荻澤滋群馬県副知事、群馬県保育協議会会長の佐藤憲秀さん  イクメン2017、「群馬県」が受賞 イクボス支援に評価 <記事に戻る>
[拡大写真]

アクセスランキング