見る・遊ぶ 暮らす・働く

イオン高崎「キャラクターデザイン」決まる 名前はまだない

招き猫とだるまを融合させたというキャラクターデザイン

招き猫とだるまを融合させたというキャラクターデザイン

  • 0

  •  

 イオンモール高崎(高崎市棟高町)は11月6日、公募作品の中から選定した「キャラクターデザイン」を発表した。

【写真】井口やすひささん、展示会場で

 イオンモール高崎は10月、開業10周年を迎えた。周年記念のイベントの一つがキャラクターデザインの公募で、9月に募集を始めたところ188点の応募があった。10月28日~11月6日、全作品を館内に掲示し一般投票を行なった。有効投票数は1977票だった。

[広告]

 1位に選ばれたのは井口やすひささん(高崎市箕郷町)の作品で、「招き猫」と「だるま」を融合した現代風の「招き猫」を擬人化したものという。

 井口さんは1945年、静岡生まれのグラフィックデザイナー。2010年1月に都内から高崎に移住した。井口さんは「高崎前橋経済新聞でイオンモール高崎のキャラクター募集を知り応募した。キャラクターはわが子と同じ。多くの人にかわいがってもらえたら」と話す。

 イオンモール高崎の担当者は「予想以上に作品も投票数も多く、たくさんの人に感心を持ってもらえたと思う。みなさんに親しんでもらえるキャラクターになれば」と話している。

 猫だからではないが、名前はまだない。

  • ????????????