買う

開店から丸3年、高崎「ジュンク堂書店」閉店へ-売上目標大幅に下回る

  •  

 売り場面積620坪、50万冊をそろえる群馬県内最大級の書店「ジュンク堂書店高崎店」(高崎市八島町「高崎ビブレ」内、本社=兵庫県神戸市)が6月3日、閉店する。

オープン当時のジュンク堂高崎店

 同店は2010年5月、コミック専門店「COMICS JUNKUDO」をリニューアルする形で出店。JR高崎駅前の立地から群馬県内だけでなく埼玉県北部までを商圏に据えた。売上目標を初年度で3億6,000万円~4億8,000万円としたが、「大幅に下回った」(同社担当者)。

[広告]

 同社はチャンスがあればまた群馬に出店したいとの考えも示した。

ピックアップ

ピックアップ

後援会申請バナー