暮らす・働く

高崎の救急病院に「無料になる自販機」-災害時緊急対応型、民間で群馬初

災害時にはボタンを押すだけで飲料が出るようにセットできる自販機

災害時にはボタンを押すだけで飲料が出るようにセットできる自販機

  • 0

  •  

 医療法人真木会(高崎市筑縄町)は三国コカコーラボトリング群馬支社(八幡町)と災害時救援物資提供の協定を結び、10月中旬、災害時に無料で飲料を供給できる自動販売機4台を病院内に設置した。

「災害時緊急対応&ピンクリボン」も

 同協定で定める災害時とは震度5弱以上の地震または同等以上の災害が発生し、自販機のある自治体に災害対策本部が設置された場合をいう。

[広告]

 三国コカコーラボトリング(本社=埼玉県桶川市)がこうした自販機を積極的に設置するようになったのは、2004年10月23日に起きた新潟県中越地震から。緊急避難所になった長岡市民体育館で1日あたり500本前後の無料配布を数日間実施した。

 同自販機は群馬県内でも公共機関を中心に設置が進んでいるが、民間の救急病院への設置は今回が初。

 真木会は救急指定の真木病院、外来、PET-CTによるがん検診、人間ドックなどを行う高崎PET総合画像診断センターがあり、2施設に2台ずつ同自販機を設置した。4台とも通常販売から無料への切り替えは手動で行う。

  • ????????????