学ぶ・知る

前橋・荻窪公園で電気自動車試乗とソーラーカー作り-東京電力

荻窪公園には日帰り温泉施設「あいのやまの湯」がある

荻窪公園には日帰り温泉施設「あいのやまの湯」がある

  •  

 東京電力群馬支店(前橋市本1)は6月19日、「アジサイまつり」が開かれる荻窪公園(荻窪町)で電気自動車の試乗会とソーラーカー工作教室を開く。

当日作る「ソーラーカー」はこれ

 荻窪公園は10種類1万株のアジサイがもうすぐ見ごろを迎える。これらのアジサイの約4分の1は「前橋市CO2ダイエット宣言」に賛同した市民が苗を提供した。「CO2ダイエット宣言」は東京電力が推進するエコ活動で、植物を植え、その植物に二酸化炭素を吸収してもらおうというもの。

[広告]

 アジサイの開花がちょうど環境月間に当たることから、イベントにエコグッズの抽選会や電気自動車の試乗、ソーラーカー工作などの企画を盛り込んだ。

 ソーラーカーは東京電力が業務に使用しているもので、同社担当者は「貸し出したことはあるが、試乗は初めて。電気自動車への注目が高まってきているため企画した」と話す。

 ソーラーカー工作は小中学生が対象で、開催は10時~、14時~の2回、各25人を受け付ける。ソーラーカーは太陽光パネルが付く本格的なもので、発電した電気で動く。

 当日はアジサイの苗木の無料配布なども行う。開催時間は10時~16時。小雨決行。