けやきウォーク前橋「ZUTTO MOTTO」が閉店-売り上げ順調も店舗数増やせず

女心をくすぐるアイテムでいっぱいだった「ZUTTO MOTTO」

女心をくすぐるアイテムでいっぱいだった「ZUTTO MOTTO」

  •  

 家具の大正堂(本社=神奈川県相模原市)が展開する雑貨店「ZUTTO MOTTO 前橋店」(前橋市文京2「けやきウォーク前橋内」、TEL 027-212-0613)が6月27日、閉店する。

前橋を離れることになった店長の藤井さん

 「ZUTTO MOTTO」は2005年5月、大宮市に1号店(大宮宮原店)をオープン、2007年3月、けやきウォーク前橋内に2号店をオープンした。

[広告]

 前橋店店長の藤井さんは「小さな店舗を展開しようと考えていたが、店舗展開のノウハウが充実せず展開が遅れた。前橋店のことだけ見れば直近3カ月で3月、4月は前年比120%、閉店セールが始まったせいもあるが5月は150%と順調だった」と振り返る。

 同店はオープン当時、インテリアや家電を中心に約3,000アイテムをそろえたが、「ステーショナリー、アパレル、ピアスやネックレスなどのアクセサリーのニーズ、低価格商品人気に合わせアイテムを追加。最も多い時には約6,000アイテムまでになった」(藤井さん)という。

 大正堂ではまだ「ZUTTO MOTTO」の今後について方針が定まっておらず、「3年たって認知度も上がってきただけに非常に残念」(藤井さん)と悔しさをにじませる。

 同店では6月27日まで、店内の商品を20~70%引きで販売する閉店セールを行っており、藤井さんは「もう2,000点くらいになってしまったが、ぜひ足を運んでほしい」と来店を呼びかける。

 けやきウォークの渡辺さんは「順調だったので残念。同店のスペースにはカルチャー教室がオープンする予定。大型SCの来店者の主年代が20~30歳代なのに対し当SCは30~40歳代と高く、カルチャー教室の要望も寄せられていた」と話している。

ピックアップ

ピックアップ

後援会申請バナー